» 2014 » 8月のブログ記事

自動車を所有すると、必ずといっていいほど任意保険に加入するものです。車両を新規登録するときには、自賠責保険に入ることが法的に義務付けられていますが、それだけではいざという時には足りません。その不足分を補うのが任意保険なのです。
任意保険には、対物や対人の補償のほか、搭乗者や車両といった補償もつけることができます。それに加えて、ロードサービスがつく保険会社が多いので、とても安心です。
これは、車に乗車しているときなどのトラブルに対応してもらえるもので、その内容によっても無料だったり、有料だったりするものです。例えば、渋滞中にガソリンが不足してガス欠になり、車が停まってしまったら、そこまでガソリンを持ってきてくれるのです。保険会社の条件によっては、ガソリン代金がかかる場合とそれもサービスになることもあります。このほかにも、鍵の閉じ込みといって、鍵が車内にある状態でロックされて、取り出せない時の対応や、バッテリーが上がってしまったりした場合の対応、パンクしてしまったときのスペアなどへの交換など、特に車に詳しくないような女性にも安心のサービスがあるのです。
こういったものがあるだけで、かなり安心して車に乗ることができるのです。

めったに起こることではありませんが、車を運転しているといつトラブルが起きるか分かりません。もしトラブルに見舞われた際に困ることが無いように、最低限の道具は装備しておきたいものです。最も見舞われやすいトラブルはパンクでしょう。道路上には様々なものが落ちていますから、仮にパンクを誘発してしまいそうなものを踏んだだけでトラブルに見舞われる可能性は高くなります。これだけは自分で気を付けようがありません。仮にパンクhしてしまった場合、スペアタイヤに交換しなければなりません。タイヤ交換の際にはジャッキが必需品となります。また、タイヤのナットを外すための工具も必要となります。仮に見通しの悪いカーブや交通量の多い危険な場所での交換作業が必要な時には、前もって50~100mほど手前のところに発煙筒を焚き、後続車にトラブルの発生を知らせましょう。また、不幸にも自走が不可能になってしまった場合に備えて牽引ロープを備えておくことも必要でしょう。大抵工具類と発煙筒は最初から車に装備されていることが多いので、一度洗車をした時などに点検してみるとよいでしょう。また、タイヤ交換の作業も一度練習を兼ねてやってみるといざという時にスムーズに進めることができます。

車に関連するトラブルに対応する為にも予め備えをしておく事が大切になります。
では、どういった対策が必要になるのかと言いますと、まずはバッテリー上がりへの対策としてブースターケーブルを用意しておくと良いでしょう。
ブースターケーブルがあれば他の車のバッテリーを接続して救援を受ける事ができますので、いざという時に役立ちます。
また、バッテリー上がりというのは案外発生し易いという事もあり、もしもの際の為にも用意しておきたいものです。
他にもスペアタイヤやパンク修理キットも大切です。
通常はそういったアイテムは最初から搭載されていますが、時にはスペアタイヤの空気が入っていなかったり、使用済みのパンク修理キットのままだったりするケースもありますが、いざという時にそういった状態では意味がありませんので、旅行などへ行く際にはよくチェックしておきたいものです。
因みにもし何らかの事態が発生してしまった時には、安全を確保する事が大切です。
特に路上でのパンクが発生してしまった時に、焦って迂闊に車から降りてしまうと危険な目に遭ってしまう事もありますので、まずは状況をきちんと整理し、安全を確保してから行動する事が重要になります。

トラブルに対してスムーズに対応するには予兆を捉えどの様な結果になるのかを認識する事が大切です。トラブルには予兆があるものとが有ります。予兆があるものは事前に対応可能です。どの様な予兆かと言いますと、臭い・音・体感・目視で発見出来るものなど様々です。臭によるものの多くは甘い臭いがします。此れは冷却水が漏れている事を示しています。音の異常の多くはエンジンルームからキュルルと鳴る高い音がします。此れはファンベルトが緩んでいる事を示しており、このまま走行を続けるとファンベルトが切れる恐れがあり、この場合走行不能になってしまうので早めの対応が必要です。
体感的なものとしてはアクセルを踏んでもスムーズに加速せず、ギクシャクした動きになります。この場合はスロットルセンサーの故障が疑われます。目視によるものは車体下部に液漏れがある場合です。この場合は液の種類や場所のよって対応は様々で、冷却水の場合は甘い臭いと共にエンジンルーム付近に漏れが見られます、直ぐにエンジンルームの冷却水を確認して不足していても不用意に水を補給したりするとラジエターが腐食するので冷却水を補充して修理を依頼しましょう。エンジンオイルの漏れはエンジン下部で僅かな漏れなら早急な対応は必要ありませんが多い様なら修理が必要です。ブレーキやパワーステアリングに使用されているフルードならエンジンルームに限らずタイヤ付近にも見られる場合が有ります。フルードの漏れはタンクの残量に関わらず即修理の依頼をした方が良いでしょう。突然ブレーキが利かなくなったりステアリングが重くなったりして危険だからです。
この様に予兆を捉える事が重要なのです。

車を長期間使用しないときの対処法について、一番いいのは運輸支局で一時抹消登録を行うことです。これにより公道は当然走れなくなりますが、毎年5月ごろ課税される税金などの課税からは免れることができます。そもそも抹消登録しているので、納税通知書が送られてくることはありません。
また、検査についても抹消をしていますから、また次に乗るときに検査を受けて乗るようになりますので、それほど問題にはなりません。
もし、また中古新規登録を運輸支局で行って乗るという場合には、そのための手続きを行う必要があります。その手続きには、検査も受けないといけなくなりますから、一般的に高額になります。そこまでして乗るかどうかという点はありますので、もし当分乗らないのであれば乗らないと判断した段階で抹消登録及び他人や業者に買取りを依頼してしまうなどの対応も考えたほうが良いと言えます。
買い取ってもらってその資金を別の用途に使うもよし、あるいは次の購入資金として残しておくもよいと言えます。いずれにしてもそのまま残しておくのは維持費がかかるので、可能であれば他者に渡して処分を考えたほうが良いと言えます。維持費もばかになりませんので、決断を早くする必要があります。

車には様々な装備品が搭載されており、カーナビやカーオーディオやラジオやエアコンなど住宅と同じように多くの電化製品やコンピューターがあります。
その為、バッテリーを電源にして装備品に必要な電気を確保しており、快適なカーライフを送ることが可能になっています。
しかし、たまにエアコンなどが動作しないことがあります。
原因は、バッテリーが寿命を迎えていたり、ヒューズが切れていたりすることです。
エンジンが始動しない場合にはバッテリーの寿命を疑ってみるべきであり、エンジンが始動して正常に車が走行する時にはヒューズが切れていることを疑いましょう。
バッテリーが寿命を迎えている時には速やかにバッテリーの交換を行い、車が走行出来るのに装備品が動作しない場合にはヒューズを交換すると良いです。
現代社会で使われている車は様々な所でガソリンだけでなく、電気の力も必要となっています。
安定的にエネルギーを供給する為にも、日頃からバッテリーなどのメンテナンスを実施しておくことが大切です。
必要な道具はカー用品販売店やホームセンターなどで購入することが可能であり、実店舗だけでなく、オンラインショップからでも商品を注文することが出来ます。

自動車を運転していて走行中にエンジンがストップしてしまった時、どのように対処したらよいでしょうか。エンジンがストップしてしまうのはいくつかの原因が考えられますが、いずれにしても動力を失った自動車をまずは安全に停車させることが最優先となります。特に最近の車はパワーステアリングや、パワーブレーキなど、油圧や電動モーターを利用してブレーキやステアリングを制御する機構を装備している車がほとんどですから、自動車がエンジンストップを起こしてしまった場合こうした操作系の機器が普段よりもずっと重くなったり効かなくなる可能性が高いです。このような状態に陥ってしまったら、まずはブレーキを踏みながら減速します。恐らくブレーキの利きは驚くほど効かなくなると思いますので、十分注意してください。ハザードランプはエンジンに関係なく動作するはずですので、すぐにハザードランプを出しながら周囲に注意を促します。さらにハンドルもびっくりするほど重くなり、またなかなか曲がらなく可能性があります。心落ち着けて周囲の状況を確認しながら、路肩に停めましょう。路肩に車を停車させたら、さらに安全を確認したうえで、救援を呼ぶなりしてその後の対策を考えましょう。高速道路上であれば、車外に出てガードレールの外側に退避します。

自動車のエンジンをかけようとしたらかからない、こんなトラブルは意外と少なくありません。よくある原因としてはバッテリー上がりです。例えばルーム内のライトやヘッドライトをつけっぱなしにしていたという場合にバッテリーは上がってしまいます。
このケースの対処法は難しくはなく、ブースターケーブルを使えば素人でも対処できます。
A車(普通に起動する車)のバッテリーとB車(起動しなくなった車)のバッテリーをブースターで正しく繋ぎ、A車からB車へ充電します。するとB車も動くようになるという方法で、ブースターを繋ぐ際の+と-を間違えさえしなければ簡単で安全にトラブルを解決することがえできます。そのため万が一に備えて車にブースターケーブルを積んでおくのがお勧めです。
その他の理由としては、ガソリン切れもしくは本格的な故障が原因でしょう。
ガソリン切れなら近くのスタンドへ、本格的な故障なら修理へ出さなくてはなりません。自動車をそのままレッカーするとしたら素人では少々難しいので、JAFまたは自動車保険のロードサービスを活用してください。費用のことを考えたら自動車保険のロードサービスがおすすめですので、自動車保険を契約する際にはロードサービスにも注目してみましょう。

車に関するトラブルというのはいくつかありますが、まず挙げられるのがバッテリー上がりです。
時には旅行中や帰省中にバッテリーが上がってしまう事もあるものですので、非常に困ってしまう事になりますが、そういった時の対策方法としてはブースターケーブルの活用が挙げられます。
ブースターケーブルを用いる事によって他のドライバーからバッテリーを借りて救援してもらう事ができます。
反対に他のドライバーがバッテリー上がりが困っている時にも救援する事ができますので、いざという時の為にも積んでおくと役立つと言えます。
他にもパンクもよくあるトラブルの一つです。
ガラス片などを踏んでしまう事によってパンクしてしまう事がありますが、そういった時にはスペアタイヤに交換する必要があります。
ただ、作業をする際には安全を確保しなければいけません。
路上で作業をする場合ですと、他のドライバーの邪魔になってしまう事がありますし、さらには危険度もアップしてしまいます。
その為、パンクした際にはできれば安全な場所まで移動する必要があります。
もし、どうしても移動できない時には無理をせず、ロードサービスを利用して救援をしてもらった方が良いと言えます。

最近の投稿