» 2015 » 9月のブログ記事

トランスミッションオイルはマニュアル車のトランスミッション内のギアを保護するために使われているオイルです。しかし、エンジンオイルとは異なり汚れの度合いを外部から見る事ができません。そのため、ある程度の期間や走行距離を目安に定期的に交換することが必要です。トランスミッションオイルは車が新しければ新しいほど歯車が摩耗しやすく歯車からでる金属粉が多くなります。そして、走行距離が長くなるほど、熱による劣化を起こす事になります。どの程度の頻度で新品のトランスミッションオイルに入れ替える必要があるかは自動車に添付されている使用説明書に基づいて作業をおこなえば十分に対応が可能です。走行距離では5万㎞程度が目安とされています。また、ドレインコックには磁石が取り付けられており、トランスミッションオイル内に散らばった金属粉を磁石で吸着させてクリーニングするように配慮されています。しかし、この磁石に大量に金属粉がついているかどうかはトランスミッションオイルを抜く作業と同時におこなわれるので、これを目安にする事はできません。そのため、どうしても定期的に入れ替える以外の方法はありません。自分で行う場合には、この磁石の汚れも自分で落とす事が必要です。

オイル交換は車にとって重要な整備であり、可能な限り、細かく、そして定期的に行うことが大事だと言われています。オイル交換といえばエンジンを思い出す方が多いと思いますが、実はミッションのオイル交換も大切です。オイル交換は長い人では車検の度という方も多いですが、できれば1年に一度はやっておくほうが良いと言われています。または、走行距離が1万キロごととも言われます。ただし、ミッションやATについては交換頻度を考える方は少ないようです。ミッションといえばMTを想像して、ATはしなくてもいいと考える方も多いようですが、どちらも定期的な交換が必要です。特にMTの場合は交換しないでいるとギアが入りづらくなり、ATの場合は燃費が悪くなったり、変速ショックが大きくなります。それぞれメーカー推奨の交換時期があるので確認しておくとよいです。オイルの選び方についてはメーカー標準オイルでかまいませんが、長距離を走る、高速道路など速度を上げて走ることが多い方にはメーカー標準オイルではなく、もう少し単価の高いオイルがお勧めです。オイルには粘度の違いで種類がありますが、それぞれの特性をうまく使えば長距離走行でも燃費がよく、速度を上げて走っても加速が良くなるなど利点が多いです

 車のトランスミッションの中には、ギヤオイルが入っています。これは、エンジンオイルなどと同様に、定期的に検査する必要があります。このギヤオイルは高温にさらされると劣化するものなので、走行距離二万キロを目安に、交換するのが良いでしょう。現在主流のオートマチック車には、専用のギヤオイルもあり、ATF(オートマチック・トランスミッション・フルード)と呼ばれていますが、こちらも、二万キロの走行を目安にするか、或は 2年程度の使用で交換すると良いです。
トランスミッションオイルを自宅でしっかりと点検することは、設備が必要なので困難です。注入口のプラグを外す必要があり、その際にはジャッキアップなどで、車を水平に持ち上げなければならないからです。しかし、普通に車を使用している場合は徐々に減ってゆくというものではないので、オイル漏れが見受けられるなどでなければそれほど心配することはありません。オイル漏れのチェックは、普段使用している駐車場所の地面を見ることでできます。オイルジミなどがあった場合はプロの業者へ依頼しましょう。
このように、適正にトランスミッションオイルを管理することで、車の燃費や、加速性能なども維持することができます。

トランスミッションオイルはエンジンオイルなどと比べて高温になることはなく、密閉状態の中で使われるオイルなので外部から異物が混入するととはほとんどありません。劣化速度は他のオイルと比べると遅くなります。とはいっても全く劣化しないというわけではなく、部品間の摩擦などの理由で削られた金属粉などが自然と溜ってきます。整備手帳などには2万km走行を目安に交換などと書かれていますが、一般的使用の場合5万km走行が目安と考えていいと思います。峠などのドライブが多くミッションを頻繁に切り替えるような場合はもう少し早めとなります。点検や交換はそれなりの設備が必要となりますので、専門の業者に点検、交換してもらった方が安心です。オイルの値段も様々で、使用する車によって大体オイル粘土やグレードなどが決まってきますので専門の業者に相談してみて下さい。必要以上に高グレードのオイルに交換する必要はありません。オイル交換後は若干シフトの感覚が違ったりする事があるということを知って置いた方がいいと思います。少し重くなったりしても故障ではありません。交換頻度が少ないオイルなので交換時期を忘れがちですが、オイル交換を怠ると思わぬトラブルに巻き込まれることもありますから注意しましょう。

CVTフルードの交換方法のコツ

| 未分類 |

CVTは構造が特殊なこともあり、CVTフルードの全量交換は難しいです。そのため、交換時期が長く設定されている場合が多いようです。長いと言っても10年無交換が可能といわれたこともありますが、いくつかの要因があり、現在では3から4万キロで入れ替えるというアドバイスが多いようです。CVTは構造的にフルード入れ替えが大変です。ディーラーの場合は機械がありますので比較的時間もかからずに行えますが、個人でやる場合には最新の注意が必要です。フルードの入れ替えで注意したいのはCVTは構造上ゴミがある程度溜まる場所があるということです。長期間入れ替えをしていない場合、オイル汚れがゴミとなって貯まるようです。そして、入れ替えをした際にゴミが取れずにCVTの中で移動して動作がおかしくなったり、最悪壊れてしまう場合もあります。マニュアルミッションなどのようにフルードが取り出しやすくありませんので入れ替えの際は注意深くフルードを確認しながら作業をすることが大事です。フルードはメーカー純正品がよいようです。理由としてはCVTはベルトとフルードの粘度の相性がとても重要なので、他車のフルードの場合は粘度が合わないことが多いからと言われています

ATフルードの正しい交換方方法

| 未分類 |

ATフィールドはどうしても交換を忘れがちな箇所です。一般的には、「2万kmごと」にケアする必要があると言われていますが、実際にこのことを遵守しているドライバーの方は、おそらく皆無に近いのではないでしょうか。
確かに、2kmを目安にしてこまめにケアしてあげるのがベストではありますが、日本車の場合、基本的にATフィールドがそう簡単に壊れることはありません。もちろん「常識の範囲で走行している」という前提はありますが。
逆に、10万km以上乗り続けたとしても、ATフィールドに異常をきたさない車のほうが多いですから、そこまでケアせずに乗ってしまった場合には、むしろ「改めてケアしないほうがよい」という判断が正しいといえるのです。
実は、この部分の判断は非常に重要です。なぜなら、放置されて細かい不都合がフィールド内で発生しても、その不都合を車の特徴ととらえて、自分で微調整してしまうのが、日本のAT車のクオリティなのです。
もちろん、「2万kmごとにケアする」ということが本当にできているのであれば、今後もそれを継続することが推奨されますし、ベストのメインテナンス方法であることは、最後にもう一度付け加えておきます。

ATフルードのおすすめの選び方

| 未分類 |

ATフルードとは、正しくはオートマチックトランスミッションフルードという、オートマチック車のギアオイルの一種のことです。
このATフルードにはさまざまなタイプがあります。同じ自動車メーカーであっても、数種類のATフルードを採用していることもあります。また、同一車種でも、年式やグレードの違いで、違ったタイプのフルードが使われていることもあります。
既に持っている車に対しての選び方は、まず、その車種に適合するフルードをしっかり調べましょう。適合するATフルードが何か分からない場合は、点検用のレベルゲージを見てもらうと、そこに表示されていることが多いです。またそこに書いてなくとも、取扱説明書に必ず記載されているはずなのでそちらで確認しましょう。メーカーから推奨されていない種類の製品を入れてしまうと、自動車の故障の原因にもつながりかねませんので、もし分からないという場合は、必ずプロにお願いして、選んでもらうようにしましょう。
このオイルは走行距離を重ねると劣化し、本来のパフォーマンスを発揮できなくなってしまいますので交換するようにしましょう。透明な赤い色が新しい状態ですが、変色し黒くなっていた場合は交換の時期になります。
ただこのオイルはエンジンオイルなどとは違い、本来は減らないはずのものです。点検でもし減っていた場合には、補充することが必要ですが、その場合オイル漏れ等も考えられますのでプロに相談しましょう。

ATフルードの交換タイミング

| 未分類 |

ATフルードとは、AT車の変速機に使われるオイルのことです。変速機を正常に動かし、エンジンから出力された動力をうまくタイヤへ伝達したり、ギアの動きをスムーズにしたりする役目があります。
「えっ、そんなオイルがあったんだ。」と驚く人が多いくらい、あまり馴染みのないオイルですが、ATフルードもとても重要です。エンジンオイル同様、熱、古くなった添加剤、摩擦で出た金属粉などによって劣化していきます。燃費が悪くなったり、加速が落ちてくると、どうしてもエンジンオイルを気にしがちですが、実はATフルードの劣化が原因のこともしばしばあります。定期的な交換が必要です。
ATフルードの交換時期ですが、購入から2年もしくは20000km走った時点、どちらか早い方で交換しましょう。新車を購入した方なら、最初の交換はもっと早い方がいいです。最初の慣らし運転の後は、製造時にパーツに残ったバリなどによって、金属粉がATフルードに多く混ざるからです。
ATフルードを交換すると車が壊れる、という話を多く聞きますが、年式の古い車は、ATフルードが通るパイプが複雑で、ATフルードを交換する際に金属粉が撹拌されて、それがパイプを塞いでしまう、という不具合が起こることも確かにあります。しかし最近の車はメンテナンスがしやすくなっているので、そういうことはまずありません。交換せずに放っておく方が問題ですので、時期が来たら早めの交換をお勧めします。

ATフルードの正しい点検方法

| 未分類 |

ATフルードとは、正しくはオートマチックトランスミッションフルードのことで、オートマ車のギアオイルの一種です。
このオイルの点検方法は、まず車のエンジンをかけ、回転数が落ちつくまで待ちます。次にそのままサイドブレーキかハンドブレーキを引き、確実に安全に行うために、フットブレーキも踏みます。
それから、レバーをパーキングから「R」に移し、数秒待って「N」更に数秒待って「D」というように、すべてのポジションにゆっくりと動かします。これで、オイル がすべてのギヤに行き渡ることになります。
完了したら、レバーをゆっくりパーキングに戻し、サイドブレーキがロックされていることを確認して、エンジンはかけたままで、ボンネットを空けます。
そうしたら、 レベルゲージを抜き、オイルをふき取り、もう一度ゲージ穴にさし込みます。エンジンやミッションがあたたまっているときはゲージ上の「HOT」を、充分にあたたまっていない時は下の「COLD」のメモリを見てください。
このオイルはエンジンオイルなどと違い原則的には減らないものです。しかし、もし基準より下のメモリだった場合には、補充することが必要です。また、オイル漏れ等も考えられますので、整備工場などに相談すると良いでしょう。
このオイルは走行距離を重ねると劣化し、本来のパフォーマンスを発揮できなくなります。透明な赤が新しい状態ですが、変色し黒くなっていた場合は交換の時期です。

二つのオイルの違いは、トランスミッションの歴史の違いにあります。自動車に使われるギアは、長い間、マニュアル車しかありませんでした。その後、クラッチを踏んでギアチェンジする必要の無い、オートマチック車が開発されました。一方、自動車の潤滑油はエンジンを潤滑に動かす目的で使われるエンジンオイルが代表的ですが、トランスミッションとトランスファー及びそこから力を伝えられるデファレンシャルの潤滑を目的としたものを、ギヤオイルと言います。その中でトランスミッションに使われるものを、トランスミッションオイルといい、さらにオートマチック車に使われるものを、特にATフルードと呼ぶようになりました。オートマチックは、運転する人間の手間が省ける分、機械がたくさんの機能をこなすように複雑化させ、ミッションの潤滑油の役割もいっそう重要となりました。オートマチック車は、オイルクーラーを装備し、高温化するのを避ける配慮がされていますが、オイルは高速での使用や、頻繁なギアシフトにより、高温になったり、不純物の混入により性能が落ちます。定期的に交換することで、ミッションの潤滑が維持され、スムーズなキアチェンジを可能にし、燃費を向上させます。

 

最近の投稿