» 2016 » 2月のブログ記事

油圧計の活用方法

| 未分類 |

エンジンオイル系統の温度と圧力を測定するために油圧計は必要なものですが、素人にはなじみが薄い存在として有名なものでもあります。しかし既存の概念を変えるようなオイルの温度や圧力を測る方法が開発されたことで、その後にかかわる内容には大きな違いが生じることとなったのです。一般的に販売されている製品でもこういった内容は確かめられるため、慎重に精査するような事柄が重要になるわけです。
その一方でアイドリングなど性能に関与していく部分を知れば、エンジンオイルに対しての見方にも変化が出ていきます。市販の自動車は運転の性能をよくする取り組みに重きが置かれるため、定期的なメンテナンスに持って来いの中身が出そろっているのです。エンジンを酷使するような機会に心当たりがあるという場合は、少しでも自動車の制御システムを交換時に労わるような姿勢を見せていくことが重要です。トラブルを予知していくことにより、急激な劣化というものを防いでいく方向にもつながっていきます。
以上のことより、油圧計は適切な内部温度を把握していくような状況に役立っていく存在であると言えるのです。ちなみに、日本の自動車全般はこの基準をクリアしています。

回転計の活用方法

| 未分類 |

車のメーターには速度計と一緒に回転計がある車種もあります。このメーターはエンジンの回転数を表しています。1・2・3と数字が並び、単位は×1000/minとあることがほとんどです。これは針のさしている数字に1000をかけた回数で1分間にエンジンが回転していることを示しています。
回転計は普段で活用することはあまりありませんが、それはAT車に限ったことです。また、AT車であっても活用できる場面はあります。MT車の場合、低速ギアのまま加速しようとするとエンジンの回転数が上昇するばかりで加速が弱くなる現象が起きます。このとき、ギアチェンジのタイミングを速度計とともに回転計を見ることで判断することができます。
AT車の場合、燃費を意識した運転をする際に活用することができます。回転数が高ければ高いほどエンジンの回転数が上がり、燃料をより消費します。エンジンブレーキ使用中は例外ですが、加速時に回転計に注意して回転数を抑えることによって燃費は向上します。
また、最近の車では回転数制限が自動でかかるようになっているものが多いですが、エンジンの回転数がエンジンの限界を超えないよう注意することができます。通常の運転ではありませんが、エンジンの異常回転にいち早く気付くことができます。

燃料計の活用方法

| 未分類 |

燃料計は、主に自動車のガソリンや軽油等の燃料の残量を示すためのもので、運転席から常時確認することが可能です。最近、燃費が向上している自動車が増えていることもあり、一度、給油を行なえばそれほど減らないといったこともありますが、長距離走行などにおいては必要な側面もあります。

燃料計の種類には、機械式、電子式、デジタル式の三つの種類に分けられてますが、現在は電子式やデジタル式が主流となっています。そして給油マークが付いており、空に近くなると警告灯が表示される仕組みになっています。

警告灯の意味は、あと少しの走行で燃料が切れてしまうことを意味して、早めに給油しましょうという意味があります。そのため、その警告灯が点灯するのを基準として給油を行なっていけば、問題が生じないので一つの目安となります。

燃料計の活用が重要となるのは、特に高速道路の走行の時です。高速道路では、一般の市道と違い頻繁にガソリンスタンドが存在しません。

そのため、場合によっては走行していて給油を行なうことが出来なくなる可能性があります。よって燃料計の警告灯が点灯する前に、あらかじめ給油を行なっておくことが重要となります。

ただ高速道路では警告灯が点灯した場合、50km程度は走行できる自動車が多いのにちなんで、大体、50km置きのサービスエリアにガソリンスタンドを設置している傾向があります。

 

 

水温計の活用方法

| 未分類 |

自動車における水温計の役割は、主にガソリン車などで冷却式内燃機関を搭載していますが、その冷却水の温度を測定するための計器です。センサーはサーモスタット付近に取り付けてあり、冷却水が熱を奪った直後のピーク時の温度を測定しています。

自動車に乗った場合、前方のダッシュボートにメーターパネルがありますが、その中にHとCと書かれているメーターがあり、運転者からも常時、目視にて確認を行なうことが出来ます。多くはオイルメーターの隣りに位置してHとCが表示されているので容易に見つけることが出来るはずです。

HとCの意味については、Hが「Heat」でCが「Cool」という意味で、そのメーターではおよそ20~120℃の範囲で冷却水の温度状態を見ることが可能です。具体的にはHの付近では120℃、Cの付近では20℃前後となります。

冷却水の適正な温度は70~90℃の範囲でそれを超えすぎたり、低すぎたりするとエンジンに負荷がかかることとなるのでオーバーヒートやオーバーダウンを引き起こし、故障の原因となりやすくなります。従って、車を運転する時にはこの水温計の状態を見て、HやCのどちらかに偏らないかを常に気にして乗ることが必要です。

HやCの方に偏る場合では、冷却システムか内燃機関などの系統が故障している可能性があるため、早急に対策をとる必要があります。

速度計の活用方法

| 未分類 |

自動車における速度計とは、自動車の走行時の速度を表示するメーターのことです。そのメーターは法律上必ず備えなければならないもので、しかも運転者が常時、見える位置についていることが必須です。

大抵は、自動車のハンドルの向こうの前方のダッシュボードに計器が取り付いているのが一般的です。速度計の取付の基準としては、実速度と表示速度の著しい誤差がないことも条件となっています。道路交通法によれば、一般道路では法定上限速度が60km/h、高速道路では大型車であれば80km/h、それ以外は100km/hまでと規定され、それを超えると取り締まりを受けることとなります。

速度計の活用方法としては、一般道路や高速道路で常時、現在の自動車の速度がどのくらいなのかを常に把握する上で活用されます。それによってスピードの出し過ぎなどに気をつけて、安全運転を行なう上で活用することが多いです。

また注意点については、運転中に速度計を凝視しないようにします。その場合、前方が不注意状態となり、事故の原因となるケースもあります。

速度計の機能としては、以前は高速道路で走行していると一定の速度に達すると警告を知らせるアラームがなることがありました。しかし輸入の非関税障壁ということで保安項目から削除されたのとアラームが鳴ることによる単調な警報音が睡眠を誘発させる危険性があり、現在ではそれが搭載されなくなっています。

 

 

メーターの種類と正しい見方

| 未分類 |

どのようなタイプの車を購入しても、運転席の前面にはメーターが設置されています。メーターにはいくつかの種類があるので初めて自分の車を購入する方は、それぞれの見方を確認しておきましょう。
一番大きく表示されているのが車の速度を表す速度計です。道路には速度制限が設定されているので、常に速度は気になるはずです。運転手は気付かずに既定の速度をオーバーして走行している場合があるので、交差点を曲がった時や異なる道路に侵入した時は必ず確認するように気を付けましょう。
数字で表すメーター表示には、他にもタコメーターと呼ばれる回転計があります。これはエンジンの回転数を表示しているものですが、近年では回転計を表示していないタイプも増えています。
メーターとは別に各種の警告ランプもあるので、表示されたらすぐに対策がとれるように覚えておく必要があります。油圧警告ランプが点いた時はエンジンオイルに不具合が発生していることを表しています。充電警告ランプはプラスとマイナスの表示があり、充電器に何らかの異常が起こっている場合にランプが点きます。このランプが点いたらすぐに修理工場に見せなければなりません。道路上で停まる恐れがある時は無理に運転せずにレッカー車を呼びましょう。

スピードメーターは自動車を安全に運転する為に無くてはならない物の一つです。これは会社が順調に運用しているか利益率で見る。等と言った指標と同じです。指標を見て外部の環境変化に対応しながら前に進んで行くと言った重要な物です。アナログの場合のメリットは運用中に正面で見なくても、何となく見ていても感覚でメーター数値が分かる事です。目は前方等を見ていますので安全運転に繋がります。又、運転のスピードとメーターを意識していますので、スピード感覚が早く身に付く様になります。デメリットは目とメーターとの微妙な角度がありますので正確性にかけます。それにより違法となる可能性があります。デジタルの場合のメリットは正確に数値が分かる事です。これはスピード遵守に繋がります。デメリットはメーターをしっかりと見ないとスピードが分からない事です。更に数値では直感的にスピード把握は難しいです。それから意識がメーターにいき、前方等を一瞬見ていませんので危険な運転になります。コンマ数秒でも自動車は十数メートルは進んでしまいます。又、デジタル画面が運転中にちらつくので、人によっては気になり運転が散漫になる可能性があります。以上の様にアナログ、デジタルでメリット、デメリットがありますが、人によっては好みによりメリット、デメリットの大きさが多少異なります。

事故防止のために運転者は日頃から注意していくことが課されていますが、最近はメーター自らが率先して支持するような動きも出ているのです。便利になった背景には、コンピュータの存在が大きく関係しており、トラブルを未然に防いでくれるような要因にもつながっています。ますます便利になる車社会であっても、関連する意味や万が一の際の事故に備えて日々用心する姿勢が重要になるのです。
その一方でメーターには加速や減速の度合いを示す振れ方があり、快適な運転をしている方は振れ幅が小さいという特徴が見られます。スピードをほぼ一定に保つことで、ガソリンの消耗や燃費の更なる向上にも役立てていくことが可能になるため、ドライバー側の運転のテクニックが現在では見直されているのです。コンピュータの方が賢くなっている周知の事実を踏まえ、一人一人がメーターとどのように付き合っていくかが大事な側面にもなっています。
また事故防止を完全なものにするための全自動運転の研究も行われていて、商品化できる段階にまで達しようとしているのです。トラブルを減らしていくことにより、全体的な負傷者の数も最小へと向かっていくようになるからです。したがって、メーターは我々にいろいろな内容を教えてくれるのです。

メーターの主な役割と働きについて

| 未分類 |

自動車のメーターの機能は、スピードの確認のためだけと思われていることが多いです。
もちろん主だった役割は、走っているスピードを目で確認するということになります。交通安全を維持する上で、決められた法定速度を守るのは当然となりますし、そのためにはメーターが必要になります。
しかしメーターの役割は、単なるスピードのチェックだけのものではありません。メーターは、水温計や燃料計などの自動車の異常を知らせる警告をする役割という機能も含んでいます。水温計の針の位置が上昇している場合は、ラジエターの水温が上昇していることを意味します。そのまま放置してしまうと、オーバーヒートに発展してしまう可能性もあります。早めに整備をする必要があるという警告になります。燃料計は燃料が少なくなると点灯しますので、燃料の補給もれを防げます。
またブレーキに異常がみられる場合に点灯する、ブレーキ警告灯もあります。これはハンドブレーキを解除しても点灯する場合は、異常があるということになります。
他にも最近ではシートベルトの着用をしているかどうかの警告や、半ドア警告、油圧警告なども用意されている車両があります。
これらの機能があるため、違法行為とならず、安心して自動車を運転することができるのです。

車のメーターは、速度を教えてくれるだけではなく、今、車がどういう状態にあるかを知らせる役割を持っています。
シートベルト未装用や半ドアを知らせたり、エンジンやブレーキに問題発生の警告など、命に関するものも表示されるので警告を無視することはとても危険ですので絶対にしないで下さい。
エンジンをかける時に、メーターに注目してみて下さい。いったん全ての警告灯が点灯して、しばらくすると消えるものがあることに気づくでしょう。その場合は車に異常はありませんが、消えない警告灯があるとすると、その箇所になんらかの問題が起きていることになります。
・サイドブレーキを解除してもブレーキ警告灯が点灯している時は、ブレーキ系統にトラブルが考えられます。
・エンジン警告灯が点灯したら、エンジンになんらかの問題があります。
・AT警告灯は、ATフルードがオーバーヒートしている可能性が高いです。
・ABS警告灯は、ブレーキ系統に問題があります。
・水温計が赤く点灯する時は、オーバーヒートしています。
これらの警告は、車の命と人の命に関わるブレーキに対するものです。無理に走り続けることはしないで、すみやかに修理点検に出すようにしましょう。

最近の投稿