スピードメーターは自動車を安全に運転する為に無くてはならない物の一つです。これは会社が順調に運用しているか利益率で見る。等と言った指標と同じです。指標を見て外部の環境変化に対応しながら前に進んで行くと言った重要な物です。アナログの場合のメリットは運用中に正面で見なくても、何となく見ていても感覚でメーター数値が分かる事です。目は前方等を見ていますので安全運転に繋がります。又、運転のスピードとメーターを意識していますので、スピード感覚が早く身に付く様になります。デメリットは目とメーターとの微妙な角度がありますので正確性にかけます。それにより違法となる可能性があります。デジタルの場合のメリットは正確に数値が分かる事です。これはスピード遵守に繋がります。デメリットはメーターをしっかりと見ないとスピードが分からない事です。更に数値では直感的にスピード把握は難しいです。それから意識がメーターにいき、前方等を一瞬見ていませんので危険な運転になります。コンマ数秒でも自動車は十数メートルは進んでしまいます。又、デジタル画面が運転中にちらつくので、人によっては気になり運転が散漫になる可能性があります。以上の様にアナログ、デジタルでメリット、デメリットがありますが、人によっては好みによりメリット、デメリットの大きさが多少異なります。

最近の投稿