ATフルードの交換タイミング

| 未分類 |

ATフルードとは、AT車の変速機に使われるオイルのことです。変速機を正常に動かし、エンジンから出力された動力をうまくタイヤへ伝達したり、ギアの動きをスムーズにしたりする役目があります。
「えっ、そんなオイルがあったんだ。」と驚く人が多いくらい、あまり馴染みのないオイルですが、ATフルードもとても重要です。エンジンオイル同様、熱、古くなった添加剤、摩擦で出た金属粉などによって劣化していきます。燃費が悪くなったり、加速が落ちてくると、どうしてもエンジンオイルを気にしがちですが、実はATフルードの劣化が原因のこともしばしばあります。定期的な交換が必要です。
ATフルードの交換時期ですが、購入から2年もしくは20000km走った時点、どちらか早い方で交換しましょう。新車を購入した方なら、最初の交換はもっと早い方がいいです。最初の慣らし運転の後は、製造時にパーツに残ったバリなどによって、金属粉がATフルードに多く混ざるからです。
ATフルードを交換すると車が壊れる、という話を多く聞きますが、年式の古い車は、ATフルードが通るパイプが複雑で、ATフルードを交換する際に金属粉が撹拌されて、それがパイプを塞いでしまう、という不具合が起こることも確かにあります。しかし最近の車はメンテナンスがしやすくなっているので、そういうことはまずありません。交換せずに放っておく方が問題ですので、時期が来たら早めの交換をお勧めします。

最近の投稿