ATフルードの正しい交換方方法

| 未分類 |

ATフィールドはどうしても交換を忘れがちな箇所です。一般的には、「2万kmごと」にケアする必要があると言われていますが、実際にこのことを遵守しているドライバーの方は、おそらく皆無に近いのではないでしょうか。
確かに、2kmを目安にしてこまめにケアしてあげるのがベストではありますが、日本車の場合、基本的にATフィールドがそう簡単に壊れることはありません。もちろん「常識の範囲で走行している」という前提はありますが。
逆に、10万km以上乗り続けたとしても、ATフィールドに異常をきたさない車のほうが多いですから、そこまでケアせずに乗ってしまった場合には、むしろ「改めてケアしないほうがよい」という判断が正しいといえるのです。
実は、この部分の判断は非常に重要です。なぜなら、放置されて細かい不都合がフィールド内で発生しても、その不都合を車の特徴ととらえて、自分で微調整してしまうのが、日本のAT車のクオリティなのです。
もちろん、「2万kmごとにケアする」ということが本当にできているのであれば、今後もそれを継続することが推奨されますし、ベストのメインテナンス方法であることは、最後にもう一度付け加えておきます。

最近の投稿