自動車のエンジンをかけようとしたらかからない、こんなトラブルは意外と少なくありません。よくある原因としてはバッテリー上がりです。例えばルーム内のライトやヘッドライトをつけっぱなしにしていたという場合にバッテリーは上がってしまいます。
このケースの対処法は難しくはなく、ブースターケーブルを使えば素人でも対処できます。
A車(普通に起動する車)のバッテリーとB車(起動しなくなった車)のバッテリーをブースターで正しく繋ぎ、A車からB車へ充電します。するとB車も動くようになるという方法で、ブースターを繋ぐ際の+と-を間違えさえしなければ簡単で安全にトラブルを解決することがえできます。そのため万が一に備えて車にブースターケーブルを積んでおくのがお勧めです。
その他の理由としては、ガソリン切れもしくは本格的な故障が原因でしょう。
ガソリン切れなら近くのスタンドへ、本格的な故障なら修理へ出さなくてはなりません。自動車をそのままレッカーするとしたら素人では少々難しいので、JAFまたは自動車保険のロードサービスを活用してください。費用のことを考えたら自動車保険のロードサービスがおすすめですので、自動車保険を契約する際にはロードサービスにも注目してみましょう。

最近の投稿