自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。それぞれ保険適用の範囲が異なっており、自賠責保険は自己の被害者への最低限の補償で、任意保険は自賠責保険では不足している部分を補います。自賠責保険は人身事故に適用されます。また被害者からも相手車両の自賠責保険が適用されます。被害者には同乗者も含まれているので同乗していた家族も保険の請求が可能です。もし自己の相手も車だったら自分と相手の両方の自賠責保険に請求できます。


しかし、停車している車に衝突した、センターラインを超えて走っていた、信号無視のように、被害者側に全面的な過失が認められる時には自賠責保険は適用されません。また、自賠責保険は他人にのみ補償するので、自分の損害は保険の対象外です。一方、任意保険は対人賠償、対物賠償、自分のケガ、修理代といった事故に関わることを補償する様々なプランがあります。事前に自分の任意保険がどのくらいの範囲まで適用されるのか確認しておく必要があります。ただし任意保険は、自分に過失が全くなかった場合は補償されません。保険の担当者に相手側と交渉してもらわなければなりません。それに備えて弁護士特約や無過失事故特約のような保険特約が用意されています。

最近の投稿