燃料計の活用方法

| 未分類 |

燃料計は、主に自動車のガソリンや軽油等の燃料の残量を示すためのもので、運転席から常時確認することが可能です。最近、燃費が向上している自動車が増えていることもあり、一度、給油を行なえばそれほど減らないといったこともありますが、長距離走行などにおいては必要な側面もあります。

燃料計の種類には、機械式、電子式、デジタル式の三つの種類に分けられてますが、現在は電子式やデジタル式が主流となっています。そして給油マークが付いており、空に近くなると警告灯が表示される仕組みになっています。

警告灯の意味は、あと少しの走行で燃料が切れてしまうことを意味して、早めに給油しましょうという意味があります。そのため、その警告灯が点灯するのを基準として給油を行なっていけば、問題が生じないので一つの目安となります。

燃料計の活用が重要となるのは、特に高速道路の走行の時です。高速道路では、一般の市道と違い頻繁にガソリンスタンドが存在しません。

そのため、場合によっては走行していて給油を行なうことが出来なくなる可能性があります。よって燃料計の警告灯が点灯する前に、あらかじめ給油を行なっておくことが重要となります。

ただ高速道路では警告灯が点灯した場合、50km程度は走行できる自動車が多いのにちなんで、大体、50km置きのサービスエリアにガソリンスタンドを設置している傾向があります。

 

 

最近の投稿