速度計の活用方法

| 未分類 |

自動車における速度計とは、自動車の走行時の速度を表示するメーターのことです。そのメーターは法律上必ず備えなければならないもので、しかも運転者が常時、見える位置についていることが必須です。

大抵は、自動車のハンドルの向こうの前方のダッシュボードに計器が取り付いているのが一般的です。速度計の取付の基準としては、実速度と表示速度の著しい誤差がないことも条件となっています。道路交通法によれば、一般道路では法定上限速度が60km/h、高速道路では大型車であれば80km/h、それ以外は100km/hまでと規定され、それを超えると取り締まりを受けることとなります。

速度計の活用方法としては、一般道路や高速道路で常時、現在の自動車の速度がどのくらいなのかを常に把握する上で活用されます。それによってスピードの出し過ぎなどに気をつけて、安全運転を行なう上で活用することが多いです。

また注意点については、運転中に速度計を凝視しないようにします。その場合、前方が不注意状態となり、事故の原因となるケースもあります。

速度計の機能としては、以前は高速道路で走行していると一定の速度に達すると警告を知らせるアラームがなることがありました。しかし輸入の非関税障壁ということで保安項目から削除されたのとアラームが鳴ることによる単調な警報音が睡眠を誘発させる危険性があり、現在ではそれが搭載されなくなっています。

 

 

最近の投稿