自動車を運転していて走行中にエンジンがストップしてしまった時、どのように対処したらよいでしょうか。エンジンがストップしてしまうのはいくつかの原因が考えられますが、いずれにしても動力を失った自動車をまずは安全に停車させることが最優先となります。特に最近の車はパワーステアリングや、パワーブレーキなど、油圧や電動モーターを利用してブレーキやステアリングを制御する機構を装備している車がほとんどですから、自動車がエンジンストップを起こしてしまった場合こうした操作系の機器が普段よりもずっと重くなったり効かなくなる可能性が高いです。このような状態に陥ってしまったら、まずはブレーキを踏みながら減速します。恐らくブレーキの利きは驚くほど効かなくなると思いますので、十分注意してください。ハザードランプはエンジンに関係なく動作するはずですので、すぐにハザードランプを出しながら周囲に注意を促します。さらにハンドルもびっくりするほど重くなり、またなかなか曲がらなく可能性があります。心落ち着けて周囲の状況を確認しながら、路肩に停めましょう。路肩に車を停車させたら、さらに安全を確認したうえで、救援を呼ぶなりしてその後の対策を考えましょう。高速道路上であれば、車外に出てガードレールの外側に退避します。

最近の投稿