高千穂のおすすめスポット

| 未分類 |

宮崎県の高千穂といえば、わが国の古代神話や伝説が息づくまちとして知られています。県庁所在地の宮崎市街からは車でも2時間30分以上のドライブとなりますので、かなり山あいになりますが、全国から観光で訪れる人も多いところです。その中心に位置しているのが「道の駅高千穂」で、国道218号沿いにあるためにドライブでも利用がしやすいといえます。ここからは渓谷が一望でき、悠久の自然のすばらしさを感じさせます。道の駅のなかには、地元の特産品やとれたて野菜などを提供している物産館、高千穂牛カレーなどのグルメが楽しめるレストランなどがあり、エントランスには神楽面の大きなモニュメントがあります。この道の駅の周囲には、天孫降臨の伝説にかかわる神々をまつる高千穂神社、国名勝にも指定されている幽玄な風景がひろがる高千穂峡の真名井の滝、天照大神が籠もったという天の岩戸を御神体とする天岩戸神社、冬の寒い日が見頃という雲海の名所である国見ヶ丘などの、さまざまな観光スポットがありますので、道の駅で情報を仕入れてゆったりとドライブして巡るのもよいでしょう。特に、神社境内では神話を再現した演目の伝統的な神楽を観光客向けにアレンジしたショートバージョンをほぼ毎日上演しており、一見の価値があります。

最近の投稿