トランスミッションオイルはエンジンオイルなどと比べて高温になることはなく、密閉状態の中で使われるオイルなので外部から異物が混入するととはほとんどありません。劣化速度は他のオイルと比べると遅くなります。とはいっても全く劣化しないというわけではなく、部品間の摩擦などの理由で削られた金属粉などが自然と溜ってきます。整備手帳などには2万km走行を目安に交換などと書かれていますが、一般的使用の場合5万km走行が目安と考えていいと思います。峠などのドライブが多くミッションを頻繁に切り替えるような場合はもう少し早めとなります。点検や交換はそれなりの設備が必要となりますので、専門の業者に点検、交換してもらった方が安心です。オイルの値段も様々で、使用する車によって大体オイル粘土やグレードなどが決まってきますので専門の業者に相談してみて下さい。必要以上に高グレードのオイルに交換する必要はありません。オイル交換後は若干シフトの感覚が違ったりする事があるということを知って置いた方がいいと思います。少し重くなったりしても故障ではありません。交換頻度が少ないオイルなので交換時期を忘れがちですが、オイル交換を怠ると思わぬトラブルに巻き込まれることもありますから注意しましょう。

最近の投稿