トランスミッションオイルはマニュアル車のトランスミッション内のギアを保護するために使われているオイルです。しかし、エンジンオイルとは異なり汚れの度合いを外部から見る事ができません。そのため、ある程度の期間や走行距離を目安に定期的に交換することが必要です。トランスミッションオイルは車が新しければ新しいほど歯車が摩耗しやすく歯車からでる金属粉が多くなります。そして、走行距離が長くなるほど、熱による劣化を起こす事になります。どの程度の頻度で新品のトランスミッションオイルに入れ替える必要があるかは自動車に添付されている使用説明書に基づいて作業をおこなえば十分に対応が可能です。走行距離では5万㎞程度が目安とされています。また、ドレインコックには磁石が取り付けられており、トランスミッションオイル内に散らばった金属粉を磁石で吸着させてクリーニングするように配慮されています。しかし、この磁石に大量に金属粉がついているかどうかはトランスミッションオイルを抜く作業と同時におこなわれるので、これを目安にする事はできません。そのため、どうしても定期的に入れ替える以外の方法はありません。自分で行う場合には、この磁石の汚れも自分で落とす事が必要です。

最近の投稿