車のトランスミッションの中には、ギヤオイルが入っています。これは、エンジンオイルなどと同様に、定期的に検査する必要があります。このギヤオイルは高温にさらされると劣化するものなので、走行距離二万キロを目安に、交換するのが良いでしょう。現在主流のオートマチック車には、専用のギヤオイルもあり、ATF(オートマチック・トランスミッション・フルード)と呼ばれていますが、こちらも、二万キロの走行を目安にするか、或は 2年程度の使用で交換すると良いです。
トランスミッションオイルを自宅でしっかりと点検することは、設備が必要なので困難です。注入口のプラグを外す必要があり、その際にはジャッキアップなどで、車を水平に持ち上げなければならないからです。しかし、普通に車を使用している場合は徐々に減ってゆくというものではないので、オイル漏れが見受けられるなどでなければそれほど心配することはありません。オイル漏れのチェックは、普段使用している駐車場所の地面を見ることでできます。オイルジミなどがあった場合はプロの業者へ依頼しましょう。
このように、適正にトランスミッションオイルを管理することで、車の燃費や、加速性能なども維持することができます。

最近の投稿